半月板損傷 サポーター

スポーツ選手と半月板損傷

プロ、アマ問わずスポーツ選手に多いげがに『半月板損傷』があります。
競技の種類に関係なく起こる怪我の一つです。

 

治療には手術をしない保存的療法と手術を行う観血的療法がありますが、プロスポーツ選手でも迷うほどです。
どちらの治療法にしても完治するまでには時間がかかります。

 

どれだけ短い時間で今までのコンディションに戻れるかはスポーツ選手にとってとても重要なことです。
長期間の治療、リハビリは膝だけでなく、他の筋肉も落ち、心肺機能も低下します。

 

スポーツ選手としてのパフォーマンスを落とすことなく完治することを第一優先に考えることが大切です。

 

 

 

日常的に起こる半月板損傷

半月板損傷はスポーツ選手だけの怪我ではありません。

 

スポーツをする人はもちろん、しない人も日常生活の中で怪我をしてしまう可能性は十分あります。

 

スポーツ時に起こる半月板損傷は激しい痛みを伴いますのでわかりやすいですが、

 

日常生活では、以下の症状を感じる時は医療機関の受診をオススメします。

 

・膝関節を曲げ伸ばしする時にひっかかりを感じる。
・階段昇降やしゃがみこみ動作の時に痛みを感じる。
・痛みにより、正座が困難。

 

日常的に膝の痛みを感じる時も注意が必要です。

 

プロアスリートも使う膝サポーター

 

ザムスト(ZAMST) ZK-1 ザムスト(ZAMST) ZK-3 ザムスト(ZAMST) ZK-7

プレー中の激しい衝撃や摩擦から膝を守ります。 膝全体をカバーするクローズドタイプ。

左右のグラつきを感じる人にオススメです。   曲げ伸ばしもスムーズにできます。

フィット感や動きやすさも重視された設計です。 オープンタイプなので自分で調整可能です。

ザムスト(ZAMST) JK-2 ザムスト(ZAMST) SK-1 ザムスト(ZAMST) SK-3

バスケットやバレーボールなどのジャンプを多用するスポーツに最適のサポーターです。

日常生活に最適なサポーターです。 ムレを防ぎ長時間装着も可能な快適設計です。

フルオープンタイプで装着感を自分で調整できます。 日常生活、スポーツ時両方に使えます。

ザムスト(ZAMST) MK-1 ザムスト(ZAMST) MK-3 ザムスト(ZAMST) RK-1

お皿周りしっかりサポートします。         軽い運動を日常的にする人にオススメです。

左右にステーが配置されグラつきを防止します。  お皿をしっかりサポートし安定感がまします。

毎日ジョギングをするランナーに最適!     ランニング用として開発されたサポーターです。

ザムスト(ZAMST) JK-1 ザムスト(ZAMST) JKバンド ザムスト サポーター

中学生、高校生の成長期の膝をサポートします。  スポーツをするすべての学生に。

装着しやすいバンドタイプ。 お皿の下のトラブルに対応するために設計されました。

膝に限らすアスリートのためのサポーターが豊富にあります。

 

 

リハビリとサポーター

半月板損傷はどんな治療法にしても、その後リハビリは必要です。

 

日常生活に戻ることはできても、スポーツをするとなるとさらに時間が必要になります。

 

しかも、一回半月板損傷をすると怪我のイメージが頭に残り、以前のパフォーマンスを取り戻すのは難しいです。

 

常に再発を心配しながらのプレーになってしまいます。

 

しかし、サポーターをすることで安心してプレーに集中できます。

 

サポーターは膝を守ることはもちろんですが、精神的にも大きな役割を果たします。

 

再発を防ぎ、再発する不安を取り除いてくれるのです。

 

精神的に不安を感じているだけパフォーマンスは下がります。

 

また、怪我をした足をかばう動きは二次的な怪我を招きます。

 

半月板損傷を受傷したことはしょうがないことですが、

 

少しでも早く完治する為にサポーターを使いましょう。

 

 

 

半月板損傷の治療

半月板損傷の治療には大きく分けて3つあります。

 

1、半月板縫合手術
  受傷後早い時期で損傷した半月板の部位が血行が良いなどの条件を


  満たす場合のみに行われます。  
  半月板を縫合するために、半月板の機能が損なわれません。
  手術後のリハビリが長くなることと、再発の危険が有ることがデメリットです。

 

2、内視鏡手術
  小さな傷から内視鏡を膝内部に入れ、損傷部位のみを切除します。
  一般的に半月板損傷の手術として使われます。
  手術直後から歩行も可能になり、1週間程度で日常生活に戻れます。

 

3、保存療法
  内視鏡手術とともに一般的な治療法と言えます。
  損傷の程度にもよりますが、名前の通り湿布や塗り薬を使用し安静にします。
  外用薬を使い自然治癒を待ちます。